2015年11月9日月曜日

チョーさん来日10「タブラ奏者の成功人生劇場」

とてつもなく狭き門を突破し、今では、インド古典の最前線トップレベルで活躍するチョーさん、、

デリーに出てきた20代は、本当に小さいアパートに住んで、コネも人脈もないゼロからの出発だった。

10年前に、僕が師匠のコンサートで出会った頃は、狭いが2部屋あるアパートで、奥さんと産まれたばかりの娘との3人暮らしの30代、、

その頃から少しずつ第一線で活躍するようになっていたが、インドは3〜10月くらいまで、灼熱になり、激しい雨季になり、、と、コンサートはめっきり少なくなる。

多くの著名な演奏家は、どんどん海外のコンサートツアーに出る。

チョーさんも、何とか海外での活動をしないと食べていけなかったが、まだ、今の様に巨匠のツアーに同行は頻繁ではなかった。

当時、奥さんのかなり強い勧めもあったようで、僕がシタール持って遊びに行った時から、何度も何度も「日本でコンサートできないか?」という強い相談、メール、電話、、

少しは成功してきたが、まだまだ、奮闘しなければ、厳しいインド古典の世界と、厳しいインド気候の中、一家を養っていけなかった。

それから、6回くらい日本に呼んだと思う。


が、、

日本で、インド古典など、なかなか仕事にならない。

スピリチャルなウンチク語って素人かき集めるのは、相当嫌いなので、そういう方法ではなく、とりあえず、毎回、月20〜25本とかのライブツアーを日本中で入れて、何とか、お金持って帰れるようにした。

多くの人の協力もあった。

個人的に、インド古典のプロを名乗るつもりはないが、チョーさんのような技術も高く、音楽のセンスが良いタブラ奏者と、この10年で100本以上のライブをこなせたのは、かなりの経験になった。

やっぱり、なんでも、良いミュージシャンと演奏するのが、一番、音楽が理解できるし、演奏も上手くもなる。

で、、

今や、チョーさん、ピカピカの新車に乗って、ジム付きのリビングも広い4LDKマンションに住んで、娘を私立の小学校に通わせている。

今回も、家族旅行を兼ねた来日。

今年で、チョーさん40歳。

コネもなく、人脈もなく、のし上がり系馬鹿テクもなく、競争もせず、コネを使った政治的なプレゼンもせず、音楽産業が盛んでもないデリーで、ゼロから独り奮闘し、ブレずに自分のスタイルを貫いたチョーさんの人生、、

まだまだ、これからもつづく。。






 

数年前、デリーでチョーさんのバンドと共演。
なぜか、チョーさんのバンドは、みんなメタルTシャツ。 

ーーーー
ライブ詳細

【日時】11/10() 19:00 開場 / 19:30 開演 / 21時頃終演予定
【会場】曹洞宗 萬亀山 東長寺
    東京都新宿区四谷4-34
【出演】ヨシダダイキチ (シタール)
    アルナングシュ・チョウドリィ (タブラ) from India
【料金】*ご予約は事前振込をお願いしています。
     ご予約を頂きました際詳細をご案内いたします*
    ◎予約:2,800 演奏会のみ
    ◎予約:3,200 終演後1ドリンク付
    (限定40名・アルナングシュとの歓談もお楽しみ頂けます)
    ◎当日:3,500 演奏会のみ
【予約・問合せ】E-mail : new.raga.acoustics@gmail.com

ーーー
【日時】11/12() 19:00 open / 19:30 live start
【会場】jicca http://fromjicca.com/
    東京都渋谷区西原2-27-4 升本ビル2F
【出演】ヨシダダイキチ (シタール)
    アルナングシュ・チョウドリィ (タブラ) from India
【料理】渡辺玲 (カレー&スパイス伝道師)
【料金】4,300円(限定25名・本格インド料理ワンプレートディナー付)
    料金の事前振込み特典:1ドリンクサービス
    *振込み詳細についてはご予約を頂きました際ご案内いたします*
【予約】E-mail : new.raga.acoustics@gmail.com

    Tel : 03-5738-2235 (jicca:日曜日を除く18:00-トリイまで)
ーーー
チョーさんプロフィール

アルナングシュ・チョウドリィ:http://www.arunangshumusic.com/

インド・コルカタに生まれる。 6歳より、パンデット・シャンカール・ゴシュ、パンデット・シャマール・ボースにタブラを師事。 南インド、アフリカ等の世界各地のリズムを融合させ独自のスタイルを確立し、新しい世代のタブラ奏者の一人として世界的に活躍している。また作曲家として、バンドリーダーとしてもバンド「インパルス (http://www.indyimpulse.com/)」やカタックダンスユニットで活躍し、高く評価されている。

インド古典音楽での活動では、多くの世界的に著明な伝統音楽家と共演をしている。

・ウスタッド・シュジャート・カーン
(シタール界の巨匠ヴィラヤット・カーンの息子であり、イムダットカニ流派の7代目)
・デブ・チョドリィ
・シュリ・ガウラヴ・マズムダール
・ムケッシュ・シャルマ
・マニ・プラサッド
・ケイハン・コルホー(イラン伝統音楽家)
・ハリ・プラサッド・チョーラシア
・プルバヤン・チャッタルジ
・シュリ・プラチク・チョドリィ
・アビダ・パルヴィン、他

ウスタッド・ シュジャート・カーンとのイギリス・ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのコンサートが、イギリス・ニルヴァス・レコードよりリリースされる。

<主な活動>

RED SQUARE MOS-COW(モスクワ)
世界中から集められたパーカッションニスト10組でのフェスティバル

ALGHUBRA MUSCUT(ムスカット)
自身のバンド、インパルスでの公演

TEHRAN IRAN(イラン)
ゼッダム、テヘランでの公演

ROYAL FESTIVAL HALL LONDON(ロンドン)他
ロイヤル・フェスティバル・ホールでのウスタッド・シュジャート・カーンとの共演、ライブを収録したCDもリリース。

DOLOMITI FESTIVAL ITALY(イタリア)
インド、イランをそれぞれ代表する音楽家シュジャート・カーン、ケハン・コルホーとの共演。

AZIM PALACE DAMASCUS, SYRIA(シリア)
自身のバンド、インパルスでのシリア公演

ICCR TOUR - SAUDI ARABIA(サウジアラビア)
自身のバンド、インパルスと南インドの打楽器奏者とのサウジアラビア・ツアー公演。

TAAJ FESTIVAL, AGRA, INDIA(インド)
シュジャート・カーン、アビダ・パルヴィンとの共演。

















2015年11月7日土曜日

チョーさん来日9「ロイヤル・フェスティバル・ホール」

コネもなく、人脈もなく、政治力もなく、ただ一人、叙情派タブラで、奮闘するチョーさんにワールドワイドな仕事の依頼!!

宇宙3個分の星の数ほどいるタブラ奏者で、仕事を得て、プロとして生きていけるのは、ほんの一握り、、

ワールドワイドな活動にいたるタブラ奏者は、さらに、その中の一握り、、

伝統に新たな時代を切り開いていけるスーパースターは、さらに、その中の中の一握り、、



Ud・シュジャート・カーンは、天才すぎる父親であり師匠であるUd・ヴィラヤット・カーンとは、全く違うコンセプトで音楽を切り開き、一部の伝統音楽ファンのみならず、 一般にも愛されるシタール奏者。

Ud・ヴィラヤット・カーンのシタールに影響されていないシタール奏者はいない、、とまで言われた20世紀、Ud・ヴィラヤット・カーンのコピーが大流行した中、Ud・シュジャート・カーンは、より繊細なダイナミクスとシンプリシティというコンセプトによって、スーパースターのレベルに至った人。

ワールドワイドに活躍するUd・シュジャート・カーンは、巨匠タブラ奏者、同世代のスーパースター・タブラ、馬鹿テクでのし上がろうとする若手タブラなど、多くのタブラ奏者と演奏する。

とくに、馬鹿テクでのし上がろうとする若手タブラ奏者にとって、Ud・シュジャート・カーンの伴奏をすることは、とてつもなく大きいチャンスになるので必死で演奏する。

しかし、この10年間、広大なインド国内からワールドワイドな活動まで、伴奏者として選ばれたのは、チョーさん。。。



先代の天才のコンセプトをコピーし、天才ならではのぶっちぎった部分は削ぎ落とし、トレードマーク的な部分をよりテクニカルにし、、、という演奏者が後を絶たない状況が、天才が生まれた後、余韻として続く、、

そんなUd・ヴィラヤット・カーンの余韻の中、現れたUd・シュジャート・カーンは、Ud・ヴィラヤット・カーンのトレードマークをよりテクニカルに演奏するコンセプトを捨て、無駄な装飾を捨て、繊細なダイナミクスと音楽全体の物語性というコンセプト。

そこに、ぴったりチョーさんの叙情派タブラは当てはまった。



若手タブラにとっては、自分の馬鹿テクを懸命に披露し、Ud・シュジャート・カーンを聴きにきた聴衆やオーガナイザーにプレゼンする、、、音楽自体の流れとは関係なしに、、メロディ奏者の音楽性を無視しても、、

宇宙3個分の星の数ほどいるタブラ奏者が、プロとして認められるには、必死に自分をプレゼンし、のし上がらなければならないので、やっぱり、こうなる。。

まぁ、それも暖かく見守るのも通な聴衆と大御所ミュージシャンの役割だが、、



そんな中、無名のチョーさん、、Ud・シュジャート・カーンの音をよく聴き、微妙なダイナミクスに反応し、音楽の流れを壊してしまうようなソロもせず、ただひたすら叙情派タブラ、、、

その結果、Ud・シュジャート・カーンに気に入られ、膨大な数のインド音楽の最前線トップレベルのコンサートに同行。。さらに、Ud・シュジャート・カーン以外の巨匠のツアーにも同行。。

ついに、、、

ロイヤル・フェスティバル・ホールでのUd・ヴィラヤット・カーン・メモリアル・コンサートに、Ud・シュジャート・カーンの伴奏で出演、、その演奏はCDでもリリースされる。

著名な音楽家の家系でもなく、コネもなく、人脈もなく、政治力もなく、馬鹿テク競争からも離れ、のし上がりプレゼンもせず、ただひたすら、メロディをよく聴き、相手の微妙な変化に反応し、音楽の流れを理解し、微細かつ大胆に多様なダイナミクスを付け、堅実に伴奏するチョーさんは、インド音楽の最前線トップクラスのレベルに登りつめました。

つづく

ーーーー
ライブ詳細

【日時】11/10() 19:00 開場 / 19:30 開演 / 21時頃終演予定
【会場】曹洞宗 萬亀山 東長寺
    東京都新宿区四谷4-34
【出演】ヨシダダイキチ (シタール)
    アルナングシュ・チョウドリィ (タブラ) from India
【料金】*ご予約は事前振込をお願いしています。
     ご予約を頂きました際詳細をご案内いたします*
    ◎予約:2,800 演奏会のみ
    ◎予約:3,200 終演後1ドリンク付
    (限定40名・アルナングシュとの歓談もお楽しみ頂けます)
    ◎当日:3,500 演奏会のみ
【予約・問合せ】E-mail : new.raga.acoustics@gmail.com

ーーー
【日時】11/12() 19:00 open / 19:30 live start
【会場】jicca http://fromjicca.com/
    東京都渋谷区西原2-27-4 升本ビル2F
【出演】ヨシダダイキチ (シタール)
    アルナングシュ・チョウドリィ (タブラ) from India
【料理】渡辺玲 (カレー&スパイス伝道師)
【料金】4,300円(限定25名・本格インド料理ワンプレートディナー付)
    料金の事前振込み特典:1ドリンクサービス
    *振込み詳細についてはご予約を頂きました際ご案内いたします*
【予約】E-mail : new.raga.acoustics@gmail.com

    Tel : 03-5738-2235 (jicca:日曜日を除く18:00-トリイまで)
ーーー
チョーさんプロフィール

アルナングシュ・チョウドリィ:http://www.arunangshumusic.com/

インド・コルカタに生まれる。 6歳より、パンデット・シャンカール・ゴシュ、パンデット・シャマール・ボースにタブラを師事。 南インド、アフリカ等の世界各地のリズムを融合させ独自のスタイルを確立し、新しい世代のタブラ奏者の一人として世界的に活躍している。また作曲家として、バンドリーダーとしてもバンド「インパルス (http://www.indyimpulse.com/)」やカタックダンスユニットで活躍し、高く評価されている。

インド古典音楽での活動では、多くの世界的に著明な伝統音楽家と共演をしている。

・ウスタッド・シュジャート・カーン
(シタール界の巨匠ヴィラヤット・カーンの息子であり、イムダットカニ流派の7代目)
・デブ・チョドリィ
・シュリ・ガウラヴ・マズムダール
・ムケッシュ・シャルマ
・マニ・プラサッド
・ケイハン・コルホー(イラン伝統音楽家)
・ハリ・プラサッド・チョーラシア
・プルバヤン・チャッタルジ
・シュリ・プラチク・チョドリィ
・アビダ・パルヴィン、他

ウスタッド・ シュジャート・カーンとのイギリス・ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのコンサートが、イギリス・ニルヴァス・レコードよりリリースされる。

<主な活動>

RED SQUARE MOS-COW(モスクワ)
世界中から集められたパーカッションニスト10組でのフェスティバル

ALGHUBRA MUSCUT(ムスカット)
自身のバンド、インパルスでの公演

TEHRAN IRAN(イラン)
ゼッダム、テヘランでの公演

ROYAL FESTIVAL HALL LONDON(ロンドン)他
ロイヤル・フェスティバル・ホールでのウスタッド・シュジャート・カーンとの共演、ライブを収録したCDもリリース。

DOLOMITI FESTIVAL ITALY(イタリア)
インド、イランをそれぞれ代表する音楽家シュジャート・カーン、ケハン・コルホーとの共演。

AZIM PALACE DAMASCUS, SYRIA(シリア)
自身のバンド、インパルスでのシリア公演

ICCR TOUR - SAUDI ARABIA(サウジアラビア)
自身のバンド、インパルスと南インドの打楽器奏者とのサウジアラビア・ツアー公演。

TAAJ FESTIVAL, AGRA, INDIA(インド)
シュジャート・カーン、アビダ・パルヴィンとの共演。













2015年11月6日金曜日

チョーさん来日8「叙情派タブラの逆襲」

コネもなく、人脈もなく、政治力もなく、馬鹿テク・タブラでもなく、
獣医の仕事も捨て、文化レベルの高いコルカタも捨て、
格段に音楽産業が盛んでもないデリーで、、、


ただ一人奮闘するチョーさん、、、、



そんなチョーさんが、いきなり、ワールドワイド・クラスの仕事の依頼!!


チョーさんは、確かに馬鹿テクではないけれど、、

子供の頃から巨匠シャンカール・ゴーシュの元で修行してきたので、
普通に高いレベルの技術はある。


でも、チョーさんのタブラの演奏スタイルは、

単にテクニックではなく、音楽の流れを読む力が非常に優れているところ。


タブラの一つ一つの音がクリアーでタイトなところ。

歌うような低音と倍音豊かな高音が、音楽全体を包むようなところ。


ちょっとした音楽の変化に、繊細なダイナミクスまで付けるところ。


無駄な装飾もなくメロディアスで上品な音楽になるところ。

等々、、、


スバリ、叙情派タブラ。


インド音楽は、超人志向の技術面も強いし、数学的で複雑な幾何学ポリリズム面も強い、、、、

でも、


基本は、土着の民謡の様に、メロディーを多様に歌い回していく。。。


メロディ奏者にとっては、こういうタイプのタブラ奏者が非常にやりやすい。


ちなみに、、

反対に、

やっぱり空気読まず、、ちょっとの隙間に無駄な装飾入れて、、音楽の流れとは関係ないオラオラなだけのソロとかして、伴奏中のダイナミクスも雑で、音量やアクセントもバランスもバラバラ、、、

な感じは敬遠される。


大体、この手の馬鹿テク馬鹿は、スタープレイヤーや巨匠の劣化コピーが多く、、

音楽とは関係ない浅はかな思い込みで下品な演奏をするので、

やっぱり人生報われなくて、 ダークサイドに落ちる、、

素人相手に、ウンチクばかり語って、お山の大将になって巨匠すらも批判する始末。

という、、ダークなネタは置いといて、、、

チョーさん、、

強烈な競争とコネと政治のコルカタやムンバイを選ばず、、

デリーで着々とセンスの良い叙情派タブラで仕事をこなし、、

その噂が、、

デリー在住のワールドワイド・クラスの巨匠Ud シュジャート・カーンに届き、、、

とうとう、、、ワールドクラスの仕事の依頼!!!! 


つづく



 5:20くらいのシタールのキメの所で、まだ髪の毛があった頃のチョーさん映ります。

ーーーー
ライブ詳細

【日時】11/10() 19:00 開場 / 19:30 開演 / 21時頃終演予定
【会場】曹洞宗 萬亀山 東長寺
    東京都新宿区四谷4-34
【出演】ヨシダダイキチ (シタール)
    アルナングシュ・チョウドリィ (タブラ) from India
【料金】*ご予約は事前振込をお願いしています。
     ご予約を頂きました際詳細をご案内いたします*
    ◎予約:2,800 演奏会のみ
    ◎予約:3,200 終演後1ドリンク付
    (限定40名・アルナングシュとの歓談もお楽しみ頂けます)
    ◎当日:3,500 演奏会のみ
【予約・問合せ】E-mail : new.raga.acoustics@gmail.com

ーーー
【日時】11/12() 19:00 open / 19:30 live start
【会場】jicca http://fromjicca.com/
    東京都渋谷区西原2-27-4 升本ビル2F
【出演】ヨシダダイキチ (シタール)
    アルナングシュ・チョウドリィ (タブラ) from India
【料理】渡辺玲 (カレー&スパイス伝道師)
【料金】4,300円(限定25名・本格インド料理ワンプレートディナー付)
    料金の事前振込み特典:1ドリンクサービス
    *振込み詳細についてはご予約を頂きました際ご案内いたします*
【予約】E-mail : new.raga.acoustics@gmail.com

    Tel : 03-5738-2235 (jicca:日曜日を除く18:00-トリイまで)
ーーー
チョーさんプロフィール

アルナングシュ・チョウドリィ:http://www.arunangshumusic.com/

インド・コルカタに生まれる。 6歳より、パンデット・シャンカール・ゴシュ、パンデット・シャマール・ボースにタブラを師事。 南インド、アフリカ等の世界各地のリズムを融合させ独自のスタイルを確立し、新しい世代のタブラ奏者の一人として世界的に活躍している。また作曲家として、バンドリーダーとしてもバンド「インパルス (http://www.indyimpulse.com/)」やカタックダンスユニットで活躍し、高く評価されている。

インド古典音楽での活動では、多くの世界的に著明な伝統音楽家と共演をしている。

・ウスタッド・シュジャート・カーン
(シタール界の巨匠ヴィラヤット・カーンの息子であり、イムダットカニ流派の7代目)
・デブ・チョドリィ
・シュリ・ガウラヴ・マズムダール
・ムケッシュ・シャルマ
・マニ・プラサッド
・ケイハン・コルホー(イラン伝統音楽家)
・ハリ・プラサッド・チョーラシア
・プルバヤン・チャッタルジ
・シュリ・プラチク・チョドリィ
・アビダ・パルヴィン、他

ウスタッド・ シュジャート・カーンとのイギリス・ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのコンサートが、イギリス・ニルヴァス・レコードよりリリースされる。

<主な活動>

RED SQUARE MOS-COW(モスクワ)
世界中から集められたパーカッションニスト10組でのフェスティバル

ALGHUBRA MUSCUT(ムスカット)
自身のバンド、インパルスでの公演

TEHRAN IRAN(イラン)
ゼッダム、テヘランでの公演

ROYAL FESTIVAL HALL LONDON(ロンドン)他
ロイヤル・フェスティバル・ホールでのウスタッド・シュジャート・カーンとの共演、ライブを収録したCDもリリース。

DOLOMITI FESTIVAL ITALY(イタリア)
インド、イランをそれぞれ代表する音楽家シュジャート・カーン、ケハン・コルホーとの共演。

AZIM PALACE DAMASCUS, SYRIA(シリア)
自身のバンド、インパルスでのシリア公演

ICCR TOUR - SAUDI ARABIA(サウジアラビア)
自身のバンド、インパルスと南インドの打楽器奏者とのサウジアラビア・ツアー公演。

TAAJ FESTIVAL, AGRA, INDIA(インド)
シュジャート・カーン、アビダ・パルヴィンとの共演。





2015年11月3日火曜日

チョーさん来日7「タブラ奏者の人生」

赤ちゃんの時からタブラで遊び、5歳には先生に付いて習い始め、15歳くらいには、ドンドン技術を修得し、20歳になる頃には、とんでもないレベルの技術になる。

みんながみんなではなくても、そんな感じで、タブラ人生のスタートするタブラ奏者は、毎年毎年、星の数ほどいる。

しかし、

一握りが、著名なメロディー奏者に雇われ、多くのコンサートで場数をふみ、細々とプロ人生が始まる。

さらに、その一握りが、ワールドワイド・クラスのメロディー奏者に雇わ、一家を充分養っていけるプロのタブラ人生になる。

多くのタブラ奏者は、すごい技術を持っていながら、挫折するか、地元で細々とタブラ先生するか、、

そんな世界、、、

コネもなく、人脈もなく、政治力もなく、叙情派タブラで、獣医の仕事も捨て、文化レベルの高いコルカタも捨て、格段に音楽産業が盛んでもないデリーで、ただ一人奮闘するチョーさん。

そんなチョーさんが、いきなり、ワールドワイド・クラスの仕事の依頼!!

近所の小学校の理科の先生が、いきなりノーベル賞取るレベル。

町の柔道の先生が、いきなりオリンピックで金メダル取るレベル。

ちょっとギターの上手い隣のニィちゃんが、いきなりグラミー賞取るレベル。

一体全体、何で、そうなったのか、、!!!

つづく


ーーーー
ライブ詳細

【日時】11/10() 19:00 開場 / 19:30 開演 / 21時頃終演予定
【会場】曹洞宗 萬亀山 東長寺
    http://www.tochoji.jp/
    東京都新宿区四谷4-34
【出演】ヨシダダイキチ (シタール)
    アルナングシュ・チョウドリィ (タブラ) from India
【料金】*ご予約は事前振込をお願いしています。
     ご予約を頂きました際詳細をご案内いたします*
    ◎予約:2,800 演奏会のみ
    ◎予約:3,200 終演後1ドリンク付
    (限定40名・アルナングシュとの歓談もお楽しみ頂けます)
    ◎当日:3,500 演奏会のみ
【予約・問合せ】E-mail : new.raga.acoustics@gmail.com

ーーー
【日時】11/12() 19:00 open / 19:30 live start
【会場】jicca http://fromjicca.com/
    東京都渋谷区西原2-27-4 升本ビル2F
【出演】ヨシダダイキチ (シタール)
    アルナングシュ・チョウドリィ (タブラ) from India
【料理】渡辺玲 (カレー&スパイス伝道師)
【料金】4,300円(限定25名・本格インド料理ワンプレートディナー付)
    料金の事前振込み特典:1ドリンクサービス
    *振込み詳細についてはご予約を頂きました際ご案内いたします*
【予約】E-mail : new.raga.acoustics@gmail.com

    Tel : 03-5738-2235 (jicca:日曜日を除く18:00-トリイまで)
ーーー
チョーさんプロフィール

アルナングシュ・チョウドリィ:http://www.arunangshumusic.com/

インド・コルカタに生まれる。 6歳より、パンデット・シャンカール・ゴシュ、パンデット・シャマール・ボースにタブラを師事。 南インド、アフリカ等の世界各地のリズムを融合させ独自のスタイルを確立し、新しい世代のタブラ奏者の一人として世界的に活躍している。また作曲家として、バンドリーダーとしてもバンド「インパルス (http://www.indyimpulse.com/)」やカタックダンスユニットで活躍し、高く評価されている。

インド古典音楽での活動では、多くの世界的に著明な伝統音楽家と共演をしている。

・ウスタッド・シュジャート・カーン
(シタール界の巨匠ヴィラヤット・カーンの息子であり、イムダットカニ流派の7代目)
・デブ・チョドリィ
・シュリ・ガウラヴ・マズムダール
・ムケッシュ・シャルマ
・マニ・プラサッド
・ケイハン・コルホー(イラン伝統音楽家)
・ハリ・プラサッド・チョーラシア
・プルバヤン・チャッタルジ
・シュリ・プラチク・チョドリィ
・アビダ・パルヴィン、他

ウスタッド・ シュジャート・カーンとのイギリス・ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのコンサートが、イギリス・ニルヴァス・レコードよりリリースされる。

<主な活動>

RED SQUARE MOS-COW(モスクワ)
世界中から集められたパーカッションニスト10組でのフェスティバル

ALGHUBRA MUSCUT(ムスカット)
自身のバンド、インパルスでの公演

TEHRAN IRAN(イラン)
ゼッダム、テヘランでの公演

ROYAL FESTIVAL HALL LONDON(ロンドン)他
ロイヤル・フェスティバル・ホールでのウスタッド・シュジャート・カーンとの共演、ライブを収録したCDもリリース。

DOLOMITI FESTIVAL ITALY(イタリア)
インド、イランをそれぞれ代表する音楽家シュジャート・カーン、ケハン・コルホーとの共演。

AZIM PALACE DAMASCUS, SYRIA(シリア)
自身のバンド、インパルスでのシリア公演

ICCR TOUR - SAUDI ARABIA(サウジアラビア)
自身のバンド、インパルスと南インドの打楽器奏者とのサウジアラビア・ツアー公演。

TAAJ FESTIVAL, AGRA, INDIA(インド)
シュジャート・カーン、アビダ・パルヴィンとの共演。




2015年11月2日月曜日

チョーさん来日6「人生の転機」

音楽業界に、コネもない、人脈もない、政治力もない、知り合いもないデリーで、一人悪戦苦闘している最中、、、

人生を180億度変える1本の電話、、

その電話を、最初、奥さんがとった。

一人悪戦苦闘の仕事から帰ったチョーさんに、

「スジャート・カーンという方から電話あって、、、」

チョーさん「、、、、、、、、、!!」

スジャート・カーンは、有名なシタールの流派の7代目、グラミーノミネート、ロイヤルフェスティバルホールやロイヤルアルバートホールなど世界中の名だたるコンサートホール公演、名実共に世界の最前線で活躍するシタール奏者。

全然、信じられなかった。

数分間、放心状態の後、

電話してみると、ちゃんと本人で、自分のコンサートの伴奏依頼だった。

インド古典の最前線は、超人的なテクニックが火花を散らす世界。

デリーで、ただ一人、人脈もコネもなく悪戦苦闘して、なんとか生計を立ててるチョーさんに、時代を担う超最前線のシタール奏者からの仕事依頼、、、

つづく

ーーーー
ライブ詳細

【日時】11/10(火) 19:00 開場 / 19:30 開演 / 21時頃終演予定
【会場】曹洞宗 萬亀山 東長寺
    http://www.tochoji.jp/
    東京都新宿区四谷4-34
【出演】ヨシダダイキチ (シタール)
    アルナングシュ・チョウドリィ (タブラ) from India
【料金】*ご予約は事前振込をお願いしています。
     ご予約を頂きました際詳細をご案内いたします
    ◎予約:2,800円 演奏会のみ
    ◎予約:3,200円 終演後1ドリンク付
    (限定40名・アルナングシュとの歓談もお楽しみ頂けます)
    ◎当日:3,500円 演奏会のみ
【予約・問合せ】E-mail : new.raga.acoustics@gmail.com


ーーー
【日時】11/12(木) 19:00 open / 19:30頃 live start
【会場】jicca http://fromjicca.com/
    東京都渋谷区西原2-27-4 升本ビル2F奥
【出演】ヨシダダイキチ (シタール)
    アルナングシュ・チョウドリィ (タブラ) from India
【料理】渡辺玲 (カレー&スパイス伝道師)
【料金】4,300円(限定25名・本格インド料理ワンプレートディナー付)
    料金の事前振込み特典:1ドリンクサービス
    *振込み詳細についてはご予約を頂きました際ご案内いたします*
【予約】E-mail : new.raga.acoustics@gmail.com

    Tel : 03-5738-2235 (jicca:日曜日を除く18:00-トリイまで)
ーーー
チョーさんプロフィール

◆ アルナングシュ・チョウドリィ:http://www.arunangshumusic.com/

インド・コルカタに生まれる。 6歳より、パンデット・シャンカール・ゴシュ、パンデット・シャマール・ボースにタブラを師事。 南インド、アフリカ等の世界各地のリズムを融合させ独自のスタイルを確立し、新しい世代のタブラ奏者の一人として世界的に活躍している。また作曲家として、バンドリーダーとしてもバンド「インパルス (http://www.indyimpulse.com/)」やカタックダンスユニットで活躍し、高く評価されている。

インド古典音楽での活動では、多くの世界的に著明な伝統音楽家と共演をしている。

・ウスタッド・シュジャート・カーン

(シタール界の巨匠ヴィラヤット・カーンの息子であり、イムダットカニ流派の7代目)
・デブ・チョドリィ
・シュリ・ガウラヴ・マズムダール
・ムケッシュ・シャルマ
・マニ・プラサッド
・ケイハン・コルホー(イラン伝統音楽家)
・ハリ・プラサッド・チョーラシア
・プルバヤン・チャッタルジ
・シュリ・プラチク・チョドリィ
・アビダ・パルヴィン、他

ウスタッド・ シュジャート・カーンとのイギリス・ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのコンサートが、イギリス・ニルヴァス・レコードよりリリースされる。

<主な活動>

・RED SQUARE MOS-COW(モスクワ)
世界中から集められたパーカッションニスト10組でのフェスティバル


・ALGHUBRA MUSCUT(ムスカット)
自身のバンド、インパルスでの公演


・TEHRAN IRAN(イラン)
ゼッダム、テヘランでの公演


・ROYAL FESTIVAL HALL LONDON(ロンドン)他
ロイヤル・フェスティバル・ホールでのウスタッド・シュジャート・カーンとの共演、ライブを収録したCDもリリース。


・DOLOMITI FESTIVAL ITALY(イタリア)
インド、イランをそれぞれ代表する音楽家シュジャート・カーン、ケハン・コルホーとの共演。


・AZIM PALACE DAMASCUS, SYRIA(シリア)
自身のバンド、インパルスでのシリア公演


・ICCR TOUR - SAUDI ARABIA(サウジアラビア)
自身のバンド、インパルスと南インドの打楽器奏者とのサウジアラビア・ツアー公演。


・TAAJ FESTIVAL, AGRA, INDIA(インド)
シュジャート・カーン、アビダ・パルヴィンとの共演。 他



2015年11月1日日曜日

チョーさん来日5「ゼロからの奮闘」

普通は、芸能産業の都ムンバイか文化レベルの高いコルカタで、ひと花咲かせようとかだが、、

特に、芸能産業や古典芸能がギンギンに盛んな訳でもないデリーに引っ越したチョーさん、、、

チョーさん曰く、

「テクニックだけで比べたら、自分よりバカテクなタブラ奏者は沢山いる。自分の演奏スタイルは、バカテク・マシーン系タブラではなくて、叙情派純情系タブラなんで、そういうテクニックを競うより、もっと音楽的にやっていきたかった。」

「ムンバイや地元コルカタは、タブラの仕事を得るにも、ものすごい競争率で、さらに、強力なコネや政治力も必要、そういう音楽以外の事も沢山しないといけない。」

「デリーだと、バカテク・マシーンでなくても、強力なコネや政治力がなくても、ゼロからやっていけると思った。」

という事みたいだったようです。

しかし、すでに奥さんも子供もいて、どうやってタブラの仕事を見つけてサバイブしていたのか、、

数年の間、全く音楽関係の人脈もコネも、知り合いすらもいないデリーでの奮闘中、、

ある電話が、チョーさんの人生を180億度変えてしまいます。

つづく



ーーーー
ライブ詳細

【日時】11/10(火) 19:00 開場 / 19:30 開演 / 21時頃終演予定
【会場】曹洞宗 萬亀山 東長寺
    http://www.tochoji.jp/
    東京都新宿区四谷4-34
【出演】ヨシダダイキチ (シタール)
    アルナングシュ・チョウドリィ (タブラ) from India
【料金】*ご予約は事前振込をお願いしています。
     ご予約を頂きました際詳細をご案内いたします
    ◎予約:2,800円 演奏会のみ
    ◎予約:3,200円 終演後1ドリンク付
    (限定40名・アルナングシュとの歓談もお楽しみ頂けます)
    ◎当日:3,500円 演奏会のみ
【予約・問合せ】E-mail : new.raga.acoustics@gmail.com


ーーー
【日時】11/12(木) 19:00 open / 19:30頃 live start
【会場】jicca http://fromjicca.com/
    東京都渋谷区西原2-27-4 升本ビル2F奥
【出演】ヨシダダイキチ (シタール)
    アルナングシュ・チョウドリィ (タブラ) from India
【料理】渡辺玲 (カレー&スパイス伝道師)
【料金】4,300円(限定25名・本格インド料理ワンプレートディナー付)
    料金の事前振込み特典:1ドリンクサービス
    *振込み詳細についてはご予約を頂きました際ご案内いたします*
【予約】E-mail : new.raga.acoustics@gmail.com

    Tel : 03-5738-2235 (jicca:日曜日を除く18:00-トリイまで)
ーーー
チョーさんプロフィール

◆ アルナングシュ・チョウドリィ:http://www.arunangshumusic.com/

インド・コルカタに生まれる。 6歳より、パンデット・シャンカール・ゴシュ、パンデット・シャマール・ボースにタブラを師事。 南インド、アフリカ等の世界各地のリズムを融合させ独自のスタイルを確立し、新しい世代のタブラ奏者の一人として世界的に活躍している。また作曲家として、バンドリーダーとしてもバンド「インパルス (http://www.indyimpulse.com/)」やカタックダンスユニットで活躍し、高く評価されている。

インド古典音楽での活動では、多くの世界的に著明な伝統音楽家と共演をしている。

・ウスタッド・シュジャート・カーン

(シタール界の巨匠ヴィラヤット・カーンの息子であり、イムダットカニ流派の7代目)
・デブ・チョドリィ
・シュリ・ガウラヴ・マズムダール
・ムケッシュ・シャルマ
・マニ・プラサッド
・ケイハン・コルホー(イラン伝統音楽家)
・ハリ・プラサッド・チョーラシア
・プルバヤン・チャッタルジ
・シュリ・プラチク・チョドリィ
・アビダ・パルヴィン、他

ウスタッド・ シュジャート・カーンとのイギリス・ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのコンサートが、イギリス・ニルヴァス・レコードよりリリースされる。

<主な活動>

・RED SQUARE MOS-COW(モスクワ)
世界中から集められたパーカッションニスト10組でのフェスティバル


・ALGHUBRA MUSCUT(ムスカット)
自身のバンド、インパルスでの公演


・TEHRAN IRAN(イラン)
ゼッダム、テヘランでの公演


・ROYAL FESTIVAL HALL LONDON(ロンドン)他
ロイヤル・フェスティバル・ホールでのウスタッド・シュジャート・カーンとの共演、ライブを収録したCDもリリース。


・DOLOMITI FESTIVAL ITALY(イタリア)
インド、イランをそれぞれ代表する音楽家シュジャート・カーン、ケハン・コルホーとの共演。


・AZIM PALACE DAMASCUS, SYRIA(シリア)
自身のバンド、インパルスでのシリア公演


・ICCR TOUR - SAUDI ARABIA(サウジアラビア)
自身のバンド、インパルスと南インドの打楽器奏者とのサウジアラビア・ツアー公演。


・TAAJ FESTIVAL, AGRA, INDIA(インド)
シュジャート・カーン、アビダ・パルヴィンとの共演。 他