2016年5月17日火曜日

今年もアルナングシュ・チョウドリィ1

「チョーさん」ことアルナングシュ.チョードリー、去年の11月に引き続き、来日です。
インドのタブラ奏者、馬鹿テク奏者など溢れ変えるほどいて、、
さらに、古風な伝統芸能社会で、協力なコネも、敏腕な政治力も、広大な人脈も必要、、、

コネもない、政治力もない、人脈もない、馬鹿テクもない、、
そんなチョーさん、、、
今や、数々の巨匠のワールドツアーに参加し、お金持ちエリート校でタブラの先生、、、
宇宙の最果てからやって来た隕石をキャッチするくらいのミラクル、、、

<去年のライブ>


<スケジュール>
6/3(金) グループレッスン
6/4(土) グループレッスン
6/5(日) ライブ@幡ヶ谷・jicca
カレー&スパイス伝道師渡辺玲さんの本格インド料理付き。
6/6(月) レクチャー@代々木・ミューズモード音楽院
6/7(火) ライブ@四谷・東長寺
6/9(木) ライブ@下北沢・Com.Cafe音倉

<もろもろ詳細>
チョーさん来日オフィシャルサイト:



◆ アルナングシュ・チョウドリィ:http://www.arunangshumusic.com/


インド・コルカタに生まれる。 6歳より、パンデット・シャンカール・ゴシュ、パンデット・シャマール・ボースにタブラを師事。 南インド、アフリカ等の世界各地のリズムを融合させ独自のスタイルを確立し、新しい世代のタブラ奏者の一人として世界的に活躍している。また作曲家として、バンドリーダーとしてもバンド「インパルス (http://www.indyimpulse.com/)」やカタックダンスユニットで活躍し、高く評価されている。

インド古典音楽での活動では、多くの世界的に著明な伝統音楽家と共演をしている。

・ウスタッド・シュジャート・カーン

(シタール界の巨匠ヴィラヤット・カーンの息子であり、イムダットカニ流派の7代目)
・デブ・チョドリィ
・シュリ・ガウラヴ・マズムダール
・ムケッシュ・シャルマ
・マニ・プラサッド
・ケイハン・コルホー(イラン伝統音楽家)
・ハリ・プラサッド・チョーラシア
・プルバヤン・チャッタルジ
・シュリ・プラチク・チョドリィ
・アビダ・パルヴィン、他

ウスタッド・ シュジャート・カーンとのイギリス・ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのコンサートが、イギリス・ニルヴァス・レコードよりリリースされる。

主な活動>

・RED SQUARE MOS-COW(モスクワ)
世界中から集められたパーカッションニスト10組でのフェスティバル


・ALGHUBRA MUSCUT(ムスカット)
自身のバンド、インパルスでの公演


・TEHRAN IRAN(イラン)
ゼッダム、テヘランでの公演


・ROYAL FESTIVAL HALL LONDON(ロンドン)他
ロイヤル・フェスティバル・ホールでのウスタッド・シュジャート・カーンとの共演、ライブを収録したCDもリリース。


・DOLOMITI FESTIVAL ITALY(イタリア)
インド、イランをそれぞれ代表する音楽家シュジャート・カーン、ケハン・コルホーとの共演。


・AZIM PALACE DAMASCUS, SYRIA(シリア)
自身のバンド、インパルスでのシリア公演


・ICCR TOUR - SAUDI ARABIA(サウジアラビア)
自身のバンド、インパルスと南インドの打楽器奏者とのサウジアラビア・ツアー公演。


・TAAJ FESTIVAL, AGRA, INDIA(インド)
シュジャート・カーン、アビダ・パルヴィンとの共演。 他

0 件のコメント:

コメントを投稿