2016年2月12日金曜日

「モーシン・アリ・カーン来日2・モジモジすな!」



ガラナ(流派)と言っても、音楽家の家族、親兄弟、親類が支え合って繋げてます。

今年1月に、モーシンの家に練習しに行った時、、、(からの続き)


インドも観光地などに行くと、もうバリバリ外国人慣れしたローカルな演奏家が沢山いて、気軽にオラオラ教えてくれますが、

モーシンの家は、観光客とか誰一人行かないデリー郊外、、、でも、デリーのタブラ大親分Usd・アクラム・カーン師匠など沢山のミュージシャンが住んでます。

こちらが家の近くまで来て電話すると、サーランギ奏者の従兄弟と2人で、どう見てもヤンキー風ジャージ姿で迎えにきた。

家まで徒歩2分、、、

「日本から客が来たぁぁ、、、」という事で、従兄弟も姉妹もモジモジしてる、、、

モーシンは、すでに知り合いなので、まぁ普通にしてるけど、、、

家の中には、5人くらい家族がいたが、、

みんなモジモジ、、、モジモジ、、、

   モジモジ、、、、

      モジモジ、、、モジモジ、、、

  モジモジ、、、、

       モジモジ、、、、

こんな空気が、家中に立ち込めてる。。。

その内、姉の旦那がやってきて、

その人は海外公演も豊富で英語も達者なので少しは話が弾み、

サーランギ奏者の従兄弟に「お前、ちょっとサーランギ弾け」という一言。

明らかに最年少の従兄弟を、将棋の「歩」あつかい。。

こちらもタブラ習いにきてる一番年下のキュウリ君を、将棋の「歩」あつかいして「ちょっとタブラ叩け」と命令。

で、、

やっと練習というかジャムセッション始まる感じ、、、、

最年少同士で、ちょっと噛み合ない練習だったが、モジモジ空気も少しは馴染み、、、

「今度は、ヨシダもシタール弾いてよ」という事になり、なんとかモジモジ空気を打破するためにガァァァァって弾いたら、、、

「じゃ、オレもサーランギ弾くよ」と姉の旦那、、、って、ホントはモジモジしてたんか、、、

で、、

やっとモーシンも歌い出して、、、って、モーシンもモジモジだったんか、、、

一番年下のキュウリ君は、そのままタブラ、、、以外と大活躍。。

そうこうしてる内に、もう一人、従兄弟の声楽家もやって来てモジモジ、、、、

ジャムセッションやってので、なんとか切り抜け。

でも、、隙あらば、、モジモジ、、モジモジ、、

まぁ、インド音楽、、、

伝統は数千年に及び、重厚な理論体系を持ち、砂漠から密林、砂漠の灼熱からヒマラヤの極寒、あらゆる地域の民謡から多種多様な宗教のゴスペル、ラブラブ過ぎな歌謡曲から超人的に洗練された宮廷音楽、、、、

よく悠久の、神々の、神秘のとインドの旅行ガイドには書いてますが、、、

そんなのではなく、実際は、音楽家の家族、親兄弟、親類、その弟子達、熱狂的な愛好家が何世代も濃厚に繋がってるだけ。

でも、、、、

モーシン家、、、インド音楽に、ものすごい改革を起こした中興の祖、Ust・アブデゥール・ワーヒッド・カーンを母方に持つ直球の家系なのに、、、

どんだけモジモジしてんねん!!!


この日、当初、モーシンとリハーサルが目的だったが、どう考えてもモーシン家全員のモジモジとの戦いだった。

モジモジすな!!




「モーシン・アリ・カーン来日公演2016

<レクチャー>
3
22() 代々木:ミューズモード音楽院 本館


<ワークショップ>
4
02() 大塚:マスミ東京(スペースMURO)


<ライブ>
3
23() 代々木:ミューズモード音楽院 本館
3
26() 四谷:曹洞宗 萬亀山 東長寺
3
27() 大磯:エピナール
4
02() 大塚:マスミ東京(スペースMURO)
4
03() 幡ヶ谷:jicca (カレー&スパイス伝道師・渡辺玲氏による本格インド料理付き限定イベント)


<グループ&個人レッスン>
324,25,28,29,31日 401

モーシン・アリ・カーン プロフィール映像
https://www.youtube.com/watch?v=JUAPEHFGkSQ


昨年のライブ
オフィシャルサイト:
FBページ:

0 件のコメント:

コメントを投稿